イベントのお知らせ

相談会および情報交換会運用の改定について

(2016年6月1日~)

運用方法について
<現行>
「個別被害相談・入会面談」と「意見交換会」を同一会場にて実施。

<改定案>
・「個別相談会」については開催目的を個別相談および入会面接に限定。
・被害者間での意見交換については、場外にて、それぞれの自由参加・集会で行うこととする。
・スカイプによる遠隔地からの個別相談・会場での技術相談(SKYPE利用)も行う。

改定によるメリット
・被害相談を静かな環境で行うことが可能となる。
・相談者のプライバシーを確保することができる。

相談希望の方へ
・個別相談希望者は完全予約制とし、基本的には一人30分以内とする。
・被害者は事前注意事項を読み、相談用紙、被害報告を用意する。
(氏名等の記入漏れがないことをご確認ください)
・入会希望者は必ず理事長(もしくは代行者)と短時間でも面談する。
・SKYPEでの相談を希望する場合は、事前に相談用紙を郵送すること。
・匿名での相談については対応できません。あらかじめご了承ください。

⇒ 詳しくは当会への参加ページをご確認ください。